香港の家賃が高すぎる件。

築49年385万香港ドル(5400万円)
世界一高い家賃相場・香港

香港に来たのが2012年。

もう7年目。今年永住権申請。(予定)

香港は本当に家賃が高い。これは想像以上でした。しかも契約更新時(2年ごと)に必ず上がります。

初めて香港で家探しした時は少しは知っていたけど、その高さにびっくり。2LDKでHKD15,000(21万円)がその辺じゃ安い方だと知りました…。(香港島のローカルなエリア)

そこを借りました。

18の時、大阪で借りたワンルームマンション家賃4万円が懐かしい…遠い目。涙。
香港では4万円のマンションってそもそも存在してないと思います。

そして大家さんのチカラが強いので、「♫この家賃で嫌なら〜♫」「♫出て行ってくれ!♫」(勝手にしやがれ)と沢田研二みたいに言われて、家賃据え置きの条件の悪い部屋を探す羽目になります。

家賃の上昇に昇給が追いつかないわけです。

 

家が足りないっていうけど、そこら辺に立ってる新築のマンションは空室だらけですけど…

住宅事情に関して言えば日本って良いなーと思います。

まだ「買える値段」(ローン組んで自分が生きてる間に返せる)

香港では築40年以上の古いマンションでも3000万円以上するし、その相場が下がらないという訳の分からない状況。(バブル)

ローンで完済とかではなく、タイミング見て売却してチャラくらいで考えないと残りの人生で返せる金額じゃないです。

 

日本不動産ブーム

そりゃ日本の不動産が安くも見えます。(実際に買ってる人も多い)
でも、日本では不動産価値が年々目減りしていく事は知らなかったりする(僕の香港人の友人)

自分はその家に住む予定ないけど、香港じゃ家買えないし、日本で部屋買って、人に貸すか〜。みたいな。

香港の不動産感覚をそのまま日本にも当てはめるとエライ目に会いますよね。

最近では街角の不動産やでも日本の不動産専門店もあったり、普通じゃ考えられないですよね。

香港の家売るんじゃなくて、日本の物件紹介してる。

 

香港では引越しが多い(家もオフィスも)

前述の通り、大家さん(物件オーナー)が強いので、「借りてください」(by大家さん)などあるわけなく。

「この通り!お願いです!この部屋貸してください!」(byテナント)っていう構図。

大家さんが突然来て「この家売ることにしたから、♫来月出て行ってくれ!♫」と言われると、すぐに家探しです。

そして、同じ家賃相場で同じ広さの家を見つけるのはとても難しいです。

2年ごとの更新も、必ず家賃は上がるのが普通なので、日本円で数万円上がる事は覚悟しなければいけません。

一体どこまで上がっていくのか、もう誰も払えないところまで上がるんじゃないか?と香港の不動産事情に驚くばかり。
(その家賃が不満で引っ越すとなると同家賃では条件の悪い物件になるでしょう。)

香港政府もこの異常な住宅事情は問題視しているようですが、もし不動産バブルが弾けると香港からお金持ちがいなくなるんじゃないかと、それくらい不動産って香港では基幹産業です。

まー、そろそろ下がって欲しいな。これじゃ普通の人は住めなくなる。僕たちが香港に住む意味も無くなります。

これさえなければ香港って魅力の街。

今の所はこの不満を加味しても住んでいたい街です。(個人的感想)

 

読んでいただきありがとうございます。

香港はビルごとのオーナー(大家さん)ではなく、部屋ごとの大家さん(Landlord)がいます。

同じマンションビルで、同じ間取りでも家賃も設備も違います。

いい大家さんに出会えれば、家賃もまーまー据置き、修理やエアコン等の交換もしてくれます。

ホント全てが大家さん次第です。

山根